住職&坊守のおてらダイアリー

西本願寺へ

一昨日の話になりますが、京都・西本願寺へ日帰りで行ってまいりました。

私が仏教の基本から学ばせていただいたのは、大学を出た後に入学をした中央仏教学院という学校ですが、そこは当時10代〜70代が共に勉強する場所でもあり、幅広い年齢の同級生がいました。実はそんな大切な同級生の一人が昨年ご往生され、その方のご主人も私たちの同級生ということもあり、この度本願寺聞法会館の仏間にて、追悼法要を有志でお勤めし、故人を偲ばせていただいたのです。私自身そのご夫婦のお寺様に2回ほど出講させていただき、尊いお育てを賜ったことでした。久しぶりに同級生と一緒に正信偈をお勤めしたら、当時のことが蘇ってきて、いろいろな感情が駆け巡りました。その後、私も含め3名の法話と続きましたが、本当に寂しい中にも、お念仏で繋がっている頼もしさ、確かさも同時に味わわさせていただいたことでした。

南無阿弥陀仏

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
ダイアリートップへ

PROFILE

住職 住職

学生時代から海外に興味を持ちアメリカやブラジルへ留学。大学卒業後に京都で仏教を学び、静岡へ戻る。現在は教覚寺の住職をつとめながら、週に1度ブラジル人学校で子ども達に日本語と英語を教えている。子どもや若者とお寺との接点をつくろうと、全国の仲間達と奔走中。

坊守 坊守

仏教の知識は全くないまま東京から嫁ぎ、とにかく奮闘中の2児の母。体を動かす事なら何でも好き。方向音痴で彷徨うのも苦ではないほど。まだまだ未熟者で頼りないですが、「大好きなお寺」と言ってもらえるように、みなさんの声を聞きながら日々励んでいきたいです。

カテゴリー

月別で見る