住職&坊守のおてらダイアリー

仏教青年連盟会議・英語法座・讃歌隊

本日は、午前中にご葬儀のお勤めをさせていただいた後、すぐに新幹線に乗って東京へ。築地本願寺にて東京教区仏教青年連盟会議と英語法座のダブルヘッダーです。

仏教青年連盟(仏青)の会議では、先日行われた「てらかつ」の総括や、来年度の事業計画などについて話し合われました。私も長く仏青に関わってきたので、もうそろそろ身を引きたいと思っておりまして、そんな話もさせていただきましたが、若い方々が、今まで以上に盛り上げていってくださると期待しています。

夕方からの英語法座は少しずつ参加者も増えてきて、とても充実してきました。ほぼ毎回、香港から来てくださる方もいらっしゃるんですよ。すごい心地がよいそうで、これを楽しみに月に1回(もちろん無理な月もありますが)日本に来て、東京の他の地域も巡っているようです。有り難いですね。法座の後茶話会があるので、今日も色々とお話しさせていただきました。英語で話す機会はあまりないので、こういう時に話してなんとか忘れないようにしています(^_^;)

教覚寺では午後讃歌隊の例会があり、4月に築地本願寺で行われる音御堂スペシャルに向けて練習されました(と思います)。とても綺麗な声が響いていたとのことでした(坊守談)。讃歌隊の皆様、お疲れさまでした!

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
ダイアリートップへ

PROFILE

住職 住職

学生時代から海外に興味を持ちアメリカやブラジルへ留学。大学卒業後に京都で仏教を学び、静岡へ戻る。現在は教覚寺の住職をつとめながら、週に1度ブラジル人学校で子ども達に日本語と英語を教えている。子どもや若者とお寺との接点をつくろうと、全国の仲間達と奔走中。

坊守 坊守

仏教の知識は全くないまま東京から嫁ぎ、とにかく奮闘中の2児の母。体を動かす事なら何でも好き。方向音痴で彷徨うのも苦ではないほど。まだまだ未熟者で頼りないですが、「大好きなお寺」と言ってもらえるように、みなさんの声を聞きながら日々励んでいきたいです。

カテゴリー

月別で見る