住職&坊守のおてらダイアリー

家庭報恩講&教誨師研修会in埼玉

一昨日、井野家の家庭報恩講にお参りさせていただきました。おつとめは当然大切で第一義であることは間違いないのですが、お参りして御法話させていただいた後、お茶を頂戴する時間も家庭報恩講ならではの大切な時間だなぁと感じます。普段なかなかご家庭ごとゆっくりお話する時間がないのですが、こういう時は色々なお話を聞かせていただくことができます。私自身もそういう時間の中でお育てをいただいております。有り難うございます。

そして昨日は、埼玉県へ東京矯正管区教誨師連盟課題別研修会に参加してまいりました。今回は、被害者の立場からのお話を聞かせていただくという研修会でした。実際に殺人未遂の被害に遭われた方が実体験をお話しくださり(相当な覚悟でお話しくださったと思います。それだけ教誨師に対する期待・願いがおありになるとも言えると思います)、教誨師としてその思いをどのように受け止め、そして教誨活動につなげるのか、とても難しい課題でしたが、1都10県(関東甲信越+静岡)からお集まりになられた色々な教誨師の先生方との議論の中で、少しヒントをいただけたような気もします。非常にリアルな話でしたので、心も頭も疲れ果てましたが、有意義な研修会でした。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
ダイアリートップへ

PROFILE

住職 住職

学生時代から海外に興味を持ちアメリカやブラジルへ留学。大学卒業後に京都で仏教を学び、静岡へ戻る。現在は教覚寺の住職をつとめながら、週に1度ブラジル人学校で子ども達に日本語と英語を教えている。子どもや若者とお寺との接点をつくろうと、全国の仲間達と奔走中。

坊守 坊守

仏教の知識は全くないまま東京から嫁ぎ、とにかく奮闘中の2児の母。体を動かす事なら何でも好き。方向音痴で彷徨うのも苦ではないほど。まだまだ未熟者で頼りないですが、「大好きなお寺」と言ってもらえるように、みなさんの声を聞きながら日々励んでいきたいです。

カテゴリー

月別で見る